adosensu2.jpg

目次
1・アドセンス英語サイト作成術

2・初心者でも簡単

3・費用は如何ほど?

4・労力はどれくらい必要か?

5・法的な問題はないか?

6・メリットやデメリットは

7・成果は本当にでるの?

8・TOPページ



アドセンス英語サイト作成術

1 アドセンス英語サイトの概要


グーグルアドセンス、最近は多くの方が取組まれているようですが、思うような結果や成果を出す前に諦めてしまわれる方が多いように聞いています。

そのような状況の中でも諦めず、コツコツと地道に継続されて見える方も多いのも事実です。

今回紹介していますのは、「初心者向けアドセンス英語サイト作成術」と言うマニュアルで日本語圏だけの狭い世界と違い、世界の共通語に近い英語の大きなネット市場をターゲットとしている所が、大きな特徴となります。

やはり日本だけの市場規模と、英語圏内の市場とは大きく違う為アクセス数においても桁違いに多い事は想像できるのではないでしょうか?

でも、英語はさっぱりと言う方が多いのも事実で、少し敷居が高いとお考えになる方も多くいらっしゃるのではと思います。

ここでご紹介していますマニュアルではそういった方を想定した、誰でも簡単に取組む事の出来る工夫が随所に施されていますので、中々アフリ収入が上がらない方、今以上に早くアップしたい方、また、初めて取組みたいと思っている方に向いていると思います。

英語が読めなくとも、話せなくとも問題ありません。


もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから

ご質問はこちらから
タグ:アドセンス

初心者でも簡単

2 初心者でも簡単に出来る工夫

内容を確認しましたら、パソコンスキルがほとんどない方でも取組む事が出来るように細かな配慮がなされていました。

例えば、自分のアドセンスコードを挿入したサイトコンテンツを20種類用意された「作成代行サービス」、英語圏からのアクセスを集めるランクジェネレーターを設置する方法や、セールスページ付きの英語版E−bookを115冊など、ままざまな工夫が施されています。

また、テンプレートも290種類用意されていますので、ご自分のお気に入りなデザインを選ぶことも自由に選択できます。

当然の事ですが、日本語を英語に変換するツールなども紹介されていますし、文章が自然な感じになるようなやり方なども詳しく説明されていますので、自分だけのコンテンツを作ることも簡単に出来るようになっています。

挑戦してみたくなりませんか?


もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから

ご質問はこちらから
タグ:アドセンス

費用は如何ほど?

3 費用は高い?安い?

マニュアル費用については、これだけの内容でさまざまなサービスもあってこの値段であれば充分良心的だと感じています。

個人的な意見ですが、他のアドセンス用商材を見てみますと1万円を切るようなものは少なく、内容も果たしてどうかわかりません。

総ての商材の中身を確認したわけではありませんので、そのあたりの所はご理解ください。

グーグルアドセンスとは、どのようなものかは理解していただけたでしょうか?


もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから
タグ:アドセンス

労力はどれくらい必要か?

4 作業時間や成果の持続性

グーグルアドセンスでのアフィリエイトですから、当然コンテンツも有益な内容があり、コンテンツ量もある程度必要とされてきますので、最初にいただける20種類のコンテンツは別として、自分で作成するコンテンツについては多少なりとも時間的労力は求められます。

でも、難しく考える事は何もなく普通の文章を書くような感じでコンテンツを作成するだけですので、マイペースでコツコツと継続すれば成果もそれについてくると思って頂ければよいと思います。

私もアドセンスを始めた当初は、闇雲にサイト作成をしていましたので3ヶ月ほどはほとんどクリックされませんでした。

でも、時間が経つにつれアクセス数もクリック率も徐々に上がってきましたので、焦らずマイペースで取組む事が大切だと感じました。

グーグルアドセンスに限りませんが、決まりごと、つまり、規約や規則はありますので良く理解していませんと、知らないうちに規約違反となりペナルティーを科せられることもありますので、当然ですが注意して行う必要があります。



もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから
タグ:アドセンス

法的な問題はないか?

5 違法性やモラルに反しないか

違法性やモラルに反する不安については全く問題はありません。

グーグルアドセンスのアカウントを取得されて見える方はご存知だと思いますが、アドセンスの規約についてはかなりシビアな考え方で規約が儲けられていますので、違反した場合は最悪アカウント削除と言う厳しいペナルティーも現に発生していますので、デリケートなASPとも言われています。

裏を返して考えてみれば、日本だけではなく世界的規模の会社ですから、コンプライアンスも当然厳しく取り扱われているのも納得出来るのではないでしょうか。

以上のような観点から考えて見ますと、企業倫理に厳しいと言う事は違法な事は許さない姿勢が現れているものと考えます。

また、アドセンスを取り扱う条件の中にアダルト系・お金儲け系などのコンテンツは禁止されていますので、もし考えて見えるのであれば注意が必要です。


もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから
タグ:アドセンス

メリットやデメリットは

6 メリットとデメリット

メリ&デメについては、アドセンスは品物を販売しなくともクリックされれば報酬が発生しますので、初めてアフィリエイトを取組む方でも簡単に始める事が出来ると言う点だと思います。

また、簡単に始める事が出来る反面、ある程度の成果を得るまでの期間やサイト数などが少ないと、成果としては出にくい面もあります。

しかし、時間の経過と共に徐々にアクセスも集まってきますので、あくまで即効性ないという意味と捕らえてください。

リスクについては、ほとんどありません。

無料のブログを使ってアドセンスコードを貼り付ければ終わりですので、最初は初期投資ゼロで始める無料ブログ方が良いのではと考えます。

ただ、無料のブログを利用するとブログを運営している会社の都合で、勝手に削除され使用できなくなるリスクはありますので、充分承知しなければなりません。

ある程度慣れてきたり、余裕がでてきたら、独自ドメインを取得してMTやホームページなどをアップすると、知らないうちに削除される心配はなくなりますので、今後の課題と考えておきましょう。



もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから

成果は本当にでるの?

7 紹介されているような結果が出るか?

アフィリエイト成果については、アクセス数とサイト数に比例しますので一桁のサイト数では数十ドルが精一杯だと思いますので、ある程度の数は求められます。

参考までの数値をご紹介しますと、1日のページ表示回数が200と仮定しますと、クリック数は多くて30回、クリック率は約く15%、クリック単価を0.3ドルの計算で1ヶ月270ドルとなります。

アドセンスはドル建てですので、現在のレートを掛ければ日本円になります。

補足しますと、クリック単価はサイト作成時のキーワードでかなり変わってきますので一概には言えません。

また、クリック率についてもアドセンス広告を貼る位置によってかなり違ってきますので、これも一概には言えませんので体験してみない事には解らないと思います。

今回紹介しています英語バージョンのアドセンスサイトですと、アクセス数も日本語サイトに比べると期待できると思いますし、クリック単価についてもキーワードを紹介されていますし、詳しく説明もされていますのでかなり参考になると思います。

ですから、期待できる方法の一つだと認識してください。


もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから
タグ:アドセンス

アドセンスアカウントを取得するには

一度掲載してしまえば手参らずのグーグルアドセンスですが、アドセンスアカウントを取得するには少
し面倒な面があります。

普通のASPであれば、個人情報やサイト情報を記入して申請すればよいのですが、アドセンスの場合だと
少し事情が違ってきます。

個人情報は同じなのですが、サイト情報は有益なコンテンツのあるサイトでないと申請が通りませんし
、コンテンツ量も1〜2ページぐらいではほとんど認められません。

最低でも、6〜10ページは無理なようです。

アカウントを取得するまでの大まかな流れは、アドセンス申請ページからまず普通に申請する。

申請が通ると、グーグルアドセンスから直接自宅に国際郵便で確認の封書が届きます。

その中に、ステップ1〜ステップ4までの手順がかかれてありますので実行する必要があります。

ステップ1:アドセンスアカウントにログインする。

ステップ2:アカウント情報タブでお支払い履歴をクリックする。

ステップ3:PINを入力リンクをクリックする。

ステップ4:PINナンバーを入力する。

上記作業が済むと、暫く日にちを置いてアドセンスからメールが届きます。

内容は、あなたの申請講座にアドセンスよりデジポットと言う小額な(100円前後)金額が入金されます
ので、その金額がいくらなのかを聞いてきます。

その金額を入力すれば、晴れてアドセンスアカウント取得となるわけです。
| 日記

グーグルアドセンスを使うには

現在の日本の検索エンジンの中で、まず第一に思い浮かぶのがヤフーではないですか?または、グーグ
ルという方もお見えでしょう。

まだまだ他にも多くの検索エンジンが存在していますが、代表的なものといえばこの二つではないかと
思います。

しいて言うと、後MSNと言う検索エンジンも知っている方も見えることでしょう。

全体のシェアを大きく占めている検索エンジンは上記の三社だともいえます。

そんな中で、ヤフーはオークションで有目だと思いますが、グーグルはアドセンスと言う少し特殊な広
告を提供していることでも有名だと思います。

ネットをされている方であれば一度は必ず目にしたことがある、スポンサードリンクと書かれた下側に
テキスト広告が四行ほど掲載されているものです。

その広告のこをを、アドセンス広告と呼んでいます。

このアドセンス広告は、自分のサイトに掲載しておけば、後は勝手に訪問者がクリックしてくれるのを
待つだけの簡単な仕組みです。

ですから、一度掲載してしまえば手間いらずで楽チンな訳です。

掲載される広告は、自分のサイトのコンテンツに関連があるような広告を自動で選択してくれますから
、何もしなくともOKな訳です。
| 日記

アドセンスの規約改定?

グーグルアドセンスの規約が一部改正になったようで

それに伴って、グレーな広告掲載者のは警告及び削除

の案内が多く届いているようです。


改定その1

「広告は、広告が広告でないことを意味する方向に、
 タイトルまたはセクション見出しの下に置かれてはなりません」


キャッチーなタイトルの下にいきなりのアドセンス。

いかにも、そのリンク先が話題のサイトであるかのような

誘導テクニックは認めないと言う事です。



改定その2


「広告は、内容を囲むことと簡単に区別できなければなりません」



これはもう見たまんまで、アドセンスの配色やレイアウトパターン

「リンクがあって、黒文字で説明、そして空行」これがアドセンス。

それにあわせて記事を全く同じレイアウトで配置してあり、

どこからどこまでが記事で、どれがアドセンスかわからない

ように故意に紛らわしくしている。


上記の問題点(あくまでも予想の範囲です。)


1、スポンサードリンクの表示がない。

2、アドセンスという『 広 告 』ですよと言うのが訪問者に伝わらない。




1、については、今までもさんざん言われてきましたが、

守ってない人、多いですね。特にブログのたいとる下にいきなり

アドセンス配置してる人、多く見かけますので注意しましょう。



2、については、クリックだけで広告主が料金を支払うという

アドセンスのシステム面の観点から見れば、広告とわかった上での

クリックではない、とにかくクリックさせちゃえ的な方法は当然

アドセンス的には看過出来ない方法でしょう。


  アドセンスが優先するのは、何よりも『 広告主 』。

  そしてアドセンスが守る財産は、やはり『 広告主 』。


こういう観点で見ると、やっぱり小手先のテクニックに頼るのではなく、

キチンと広告だとわかってもらえた上で、お客様(この場合は

アクセスしてくれたユーザですね)にクリックして頂き、

さらに広告主にも喜んでいただく(成約に結びつける)。

そんなサイト作りをしていれば大丈夫なんではないかと。


自分がアドセンス側の人間だったとして、

自分の作ったサイトを見た時どう思うか。


それを考えた上で、規約を守っていけば良いのではないでしょうか。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。